便秘解消の3つのツボ

便秘解消にはツボを押すことで改善するケースがありますが、
その中でも手軽に押すことができるのが合谷(ごうこく)と呼ばれる親指と人差し指の付け根のツボです。

 

・合谷ツボの押し方(15秒)※音がでます。

この部分はいつでも押すことが出来ますので、気が付いたときにマッサージするようにしましょう。

 

 

また、脚にあるツボも便秘解消に効果的です。
膝から指四本分下に行ったところのへこみは足三里(あしさんり)といって便秘を解消するのに効果が期待できる部分です。

 

・足三里ツボの押し方(22秒)※音がでます。

 

 

 

同じように婦人科系の症状の改善などにも使われる三陰交(さんいんこう)と呼ばれるツボもマッサージすると血行も良くなりますし便秘解消が出来ます。

 

・三陰交ツボの押し方(18秒)※音がでます。

 

 

それでは、次に便秘解消のためのストレッチについてお話していきます。

 

便秘解消のストレッチ


ストレッチも便通を良くするためにはやったほうが良いので並行して行うと良いでしょう。

 

便秘解消に効果があるストレッチは、
足を肩幅にひろげ、腰に手をかけゆっくり左右にひねるようにまわします。

 

これは腸の働きを活発にする作用がありますので、左右10回繰り返すのがポイントです。※音がでます。

 

 

また、
仰向けに寝そべってこぶしを腰の部分で作りあてます。
そして両ヒザをたてて左右に振ります。

 

こぶしに体重がしっかり乗っている状態で行うのが効果的です。

 

この時に背中にある大腸兪というツボを刺激しながら行うのがポイントで、数回繰り返すと良いでしょう。

引用:http://kenko.it-lab.com/tsubo.php/109/

 

便秘の人は便意を感じにくいという特徴があります。
ですが、こうしたエクササイズやツボ押しをしていると腸の動きが活発になって便意を感じやすくなる特徴がありますので、体調に合わせて行うと良いでしょう。

 

 

布団でできる軽い運動


最後に、寝る前や朝に簡単にできる布団ストレッチをご紹介します。

 

まず布団の上でバタ足を繰り返すのも腸の動きを活発にします。※音がでます。

 

 

更に同じうつ伏せの態勢で膝を曲げて踵でお尻を軽くたたくような運動も便秘解消に効果が期待できます。

 

 

仰向けになって両足を揃えて数秒間30センチくらい持ち上げてキープする運動も便意を感じやすくなる運動ですので、布団に入って余裕がある時や朝目覚めた時などにやっておくと便通が良くなる可能性があります。

 

 

薬に頼らなくても身体の動きを活性化させるツボ押しやエクササイズで腸の動きを活発にすることが可能です。
ぜひ参考にしてくださいねー。

 

 

便秘解消に私が愛用している乳酸菌サプリもいいですよ♪
⇒ ストレッチやツボをサポートする乳酸菌サプリとは?