肌荒れは乾燥から始まる

単に見た目が乾いている様子に見られるだけではなく、

 

笑顔になるといったように普段とは異なる表情になった時に痛みを伴うようだと、表皮上に起こっている乾燥は重度なものです。
また、表皮だけに留まらず内面にも原因や問題が起こっている場合が多いです。

 

 

そのように内面が乾燥状態になっていると、乾燥により肌荒れが生じていた場合に一般的な化粧水やクリームなどで外側からケアをする治し方では、良い変化が感じられません。

 

肌荒れには内部ケアが必要

そこで、重度な肌荒れに見舞われている時に行うべきなのは外側からのみの治し方だけではなく、身体の内部からもケアをしていくという事になります。

 

 

外側からケアをしていく場合には化粧水やクリーム、乳液といったようにいくつものアプローチの方法がありますが、

 

内面からケアをしていく場合は化粧水などを口から摂取するわけにはいかないので、
一つの治し方に絞られ方法を試行錯誤する手間がありません。

 

 

ただし、口にする物にこだわりを持つといったシンプルな対策方法に絞られるからこそ難しいのも事実であり、
優れた栄養素をより良いバランスで得る事を徹底する必要があります。

 

 

しかも、たとえ優れた栄養素をより良いバランスで得たとしても即効性が感じられるわけではないですし、

 

腸内環境が劣悪な状態ではたとえ優れた栄養素などを摂取していても打ち消されてしまいます。

 

腸内環境から整える

そのため、肌荒れを根本的に解決させるべく欠かす事ができないのは腸内環境を良好にするという事になり、腸内環境を良好にするには現代人がつい疎かにしてしまいます。

 

なので、慢性的に不足状態になっている食物繊維や発酵食品を積極的に摂取しなければなりません。

 

 

食物繊維や発酵食品を積極的に献立に組み込んで頂く事は一見大きなハードルに感じられてしまいますが、

 

豆類やおから、納豆が該当しますし発酵食品についてはみそや酢、かつお節などが該当するので、

 

和食を意識して献立を組み立てていれば自然と肌荒れの正しい治し方で前提条件となる腸内環境が整えられる食事内容になります。

 

 

ぜひ、明日からの献立の参考にしてみてくださいね。

 

 

⇒ 肌荒れは腸内環境からアプリーチしましょう