大人ニキビや肌荒れの原因は内臓かも?

 

大人ニキビや化粧ノリが悪いなど、肌荒れに悩んでいる方の原因は内臓からきている場合があります。
もしかすると驚いた方もいるかもしれませんね。

 

内臓といっても、あちこちの臓器というよりは「腸」の環境が良くない場合が多いです。

 

 

いまテレビ番組やCMで話題になっている腸内環境ですが、
腸内環境の悪化から大人ニキビや肌荒れという症状がでている可能性があるということです。

 

なので、肌の洗顔や保湿ケアなどを丁寧に行っていたとしても、体の内側からくる肌荒れもあるのです。

 

腸内環境が悪化すると

 

特に生活環境の乱れや食生活の乱れで、腸内環境は善玉菌が減少して悪玉菌が優勢になります。

 

 

悪玉菌が優勢になることで、老廃物の排出が滞り、腐敗ガスなどが腸内に溜まった状態になるのです。
これがいわゆる便秘です。

 

 

こういった老廃物は血流にのって全身に運ばれてしまいますので、肌にも影響を及ぼして正常なターンオーバーや毛穴の詰まりなどの症状を引き起こすのです。

 

つまり、

 

腸内環境の悪化 ⇒ 便秘 ⇒ 肌荒れ

 

このような流れがあることを知って頂ければと思います。

 

 

そこで肌荒れ改善のために、腸内環境を整える3つの方法をここでは見ていきます。

 

 

腸内環境を整える3つの方法


腸内環境を整える3つの方法とは

  • 善玉菌を多く取る
  • 善玉菌を育てる
  • 老廃物を出す

これら3つの方法があります。
では、詳しくみていきます。

 

善玉菌を多く取る

まずは腸内環境に良い善玉菌をできるだけ摂取することです。

 

キムチや納豆などの発酵食品に含まれる植物性の乳酸菌や、生きて腸まで届く乳酸菌の飲料やヨーグルトなどが効果的です。

 

 

ただし、乳酸菌とひとことに言っても様々な種類の乳酸菌が存在し、体質や環境によって効果の良し悪しが異なることがあります。自分の体質にあったものを見つけることも大切です。

 

善玉菌を育てる

次に善玉菌を取り入れることができたら、働きを促進し育てることが必要です。

 

善玉菌はオリゴ糖をエサに活発化しますのでバナナなどを一緒に摂ると良いでしょう。

 

朝食のメニューの定番にバナナヨーグルトがありますが、実に理にかなったものだと言えます。

 

 

また、料理に使用しやすいものにはハチミツもあります。
砂糖の代わりとしても代用できますので、重宝できる食材です。

 

老廃物を出す

最後に重要なことは老廃物や有害な物質をきちんと外に排出することです。

 

善玉菌を優勢にするためにも、悪玉菌のエサとなるものを少なくすることが必要になります。

 

 

キチンとした排便を促すためには、水分をしっかりと摂ることが肝心です。

 

便秘の予防としては食物繊維の豊富なこんにゃくやひじきなどを意識して取り入れると良いでしょう。

 

ただ、便秘対策としてよく知られる食物繊維ですが、下痢と便秘を繰り返す「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」にとっては逆効果になることがあります。

 

痙攣性便秘は、ストレスや自律神経の乱れで腸が活発に活動してしまう症状です。
改善するためには、ストレスの解消や睡眠をしっかりとること、運動をして汗を流すなどの対処が必要になります。

 

もし、下痢と便秘を繰り返すようでしたら、一度お医者さんに見てもらったほうがいいのかもしれません。

 

まとめ


日頃から大人ニキビなどの肌荒れに悩んでいる方でしたら、内臓(腸内環境)が悪化しているかもしれません。

 

腸内環境を整えるためには善玉菌が大事ということでしたね。

 

また、毒素を出さないための老廃物をキチンと排便することが大事です。
そのため食物繊維や水分をたっぷりとることが大事になります。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

でも、
家事や仕事が忙しくて生活リズムをキチンとするのが難しい方は大変ですよね?
忙しいあなたを乳酸菌が内側からサポートしてくれます♪
⇒ 腸内環境を整える方法で一番簡単なのは乳酸菌サプリ!