生理前の肌荒れの原因はコレ!

 

生理前になると頬やあごにニキビや吹き出物ができてしまったり、赤みが生じるなど肌荒れするという人も多いのではないでしょうか。
これは生理が近づくと、ホルモンバランスが乱れるためです。

 

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、生理周期によって変動しています。

 

女性の体はデリケートなので、ちょっとしたことで肌が荒れてしまいます。
生理前はイヤな気持ちになっちゃいますよね。。。

 

 

生理前の肌荒れの予防法は睡眠


肌荒れを予防するための方法としては、睡眠をしっかりとることが挙げられます。

 

睡眠は脳内で分泌されるホルモンと深い関係があり、睡眠が十分でないと自律神経のバランスが崩れるのでますますホルモンバランスが乱れやすくなります。

そのため肌荒れを改善するためには、十分な睡眠をとることが重要です。

 

家事や仕事で忙しいとは思いますが、できるだけ6時間以上は睡眠時間が欲しいところです。

 

 

睡眠の質も大事


また、睡眠の質にも気を付ける必要があります。
しっかり寝たはずなのに、起きたときにスッキリしないという人は睡眠の質が良くないのかもしれません。

 

寝る前にスローテンポな音楽を聴いてゆったり過ごしたり、瞑想するなどしてリラックスして眠りにつけば睡眠の質を向上させることができます。

 

 

また、寝る時間帯も注意が必要です。
夜の10時から深夜2時までが、女性ホルモンの分泌が盛んになるのでできるだけ早寝することが理想です。
なぜなら、寝てから2時間後にホルモンの分泌が始まるので。

でも、夜8時に寝るのは大変ですよね。できるだけ夜更かしは避けたいところです。。。

 

 

生理前にできた赤みやぶつぶつ


また、赤みやぶつぶつが出来てしまった時には、スキンケアに気を付ける必要があります。

 

生理前は肌が敏感になっているので、ちょっとした刺激にも反応しやすいからです。

 

 

肌が乾燥していると肌荒れが進行しやすいので、保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

 

乾燥が進むと肌のバリア機能が低下するので、衣服との摩擦や紫外線などのダメージを受けやすくなります。
そのため肌を保湿して、潤いのある状態をキープすることがとても重要です。

 

 

それから普段使っているスキンケアアイテムだから大丈夫と思っていても、生理前のデリケートな時期には肌に合っていないということもあります。

 

 

そういった時には敏感肌用のスキンケアアイテムを使用するなどして対処します。
敏感肌用は刺激の少ない低刺激処方になっているので、肌にかける負担を少なくすることができます。

 

 

ぜひ参考にしてくださいね♪

 

 

でも、家事や仕事が忙しくて睡眠時間をキチンととるのが難しい方は大変ですよね?
忙しいあなたを乳酸菌が内側からサポートしてくれます♪
⇒ 腸内環境を整える方法で一番簡単なのは乳酸菌サプリ!