腸内環境を整えるヨーグルト

突然ですが、「腸内環境」という言葉を聞いたことがありますか?

 

私たちの腸内には何億何兆もの細菌が住み着いており、それぞれが身体に良い働きをしたり、逆に悪い働きをしたりしています。

 

重さにすると1.5kgにもなると言われる腸内細菌のバランスのことを、腸内環境というのです。

 

腸内環境が乱れると、便秘や肌荒れ、免疫力の低下など様々な悪影響をもたらしてしまいます。

 

それらを防ぎ、腸内環境を整えるために良いのがヨーグルト!

 

 

便秘の改善にはヨーグルト、というイメージのある人もいるのではないでしょうか。

 

とはいえ、スーパーへ行くとたくさんのヨーグルトが並んでおり、

 

「どれがいいのだろう?」
「便秘にはどのヨーグルトがいいの?」
と、迷ってしまうことでしょう。

 

 

そこでここでは、腸内環境を整えるヨーグルトをランキング形式で紹介したいと思います!

 

ヨーグルト選びのポイントや食べ方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

腸内環境を整えるおすすめヨーグルトランキングTOP10

 

たくさんのヨーグルトがありますが、このランキングでは主に「整腸作用」に注目し、気軽にスーパーなどで買えるものに限定しています。

 

誰もが一度はスーパーで見たことがあるものばかりがランクインしていますよ。

 

また、今ではアマゾンでも配達しておりますので忙しい人でもスーパーに買いに行く手間がありませんよ♪

 

1位、明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン

 

1位は言わずと知れた、明治ブルガリアヨーグルト!

 

ヨーグルトといえばコレ!というくらい、世間の認知度も高いです。

 

ブルガリアヨーグルトはLB81乳酸菌を配合しており、1日100グラム以上食べると腸内環境を整えることができるとして、トクホの認定を受けたもの。

 

やはりトクホの表示があると、それだけで効果がありそうな感じがしますよね。

 

 

フルーツ入りやドリンクタイプなど、バリエーションが豊富なところもブルガリアヨーグルトの魅力の1つ。

 

毎日食べると飽きてしまうプレーン味以外にも、たくさんの味があるので美味しくヨーグルト生活ができるのではないでしょうか。

 

シンプルで食べやすいヨーグルトです。

 

⇒ ブルガリアヨーグルトをアマゾンで楽に購入する♪

 

 

2位、森永ビヒダスヨーグルト

 

こちらも定番のヨーグルトである、森永のビヒダス。

 

ブルガリアヨーグルトと同じく、トクホの表示のあるヨーグルトになります。

 

ビヒダスヨーグルトはBB536というビフィズス菌を配合しているので、腸内にビフィズス菌を補給するだけでなく、元々腸内にいるビフィズス菌を増やす手助けもしてくれる優れもの!

 

免疫力のアップも期待できるヨーグルトです。

 

⇒ 森永ビヒダスヨーグルトをアマゾンで楽に購入する♪

 

 

3位、グリコ ビフィズス菌Bifix

 

グリコのビフィズス菌Bifixは、生きて腸まで届くビフィズス菌を配合。

 

腸内環境を整えるために欠かせないビフィズス菌も、生きて腸まで届かなければ意味がありません。

 

ビフィズス菌Bifixは「生きたまま届ける」ことに注目しました!

 

プレーンでも甘みがあって食べやすく、ヨーグルトの酸味が苦手な人にもおすすめです。

 

⇒ グリコのビフィズス菌Bifixをアマゾンで楽に購入する♪

 

 

4位、雪印メグミルク ナチュレ恵

 

ナチュレ恵はビフィズス菌とガセリ菌が配合されていて、腸内環境を整える効果はもちろん、免疫力のアップも期待できます。

 

上位のヨーグルトよりも柔らかめで滑らかなので、滑らかなヨーグルトが好きな人にもおすすめです。

 

⇒ 雪印メグミルクナチュレ恵をアマゾンで楽に購入する♪

 

 

5位、ダノンビオ

 

便秘に効くヨーグルトといえばダノンビオ!というくらい、CMでもお馴染みのヨーグルトです。

 

DE80というビフィズス菌と4種の乳酸菌を配合しており、便秘やお腹の膨満感を改善したい人には高い効果が期待できるでしょう。

 

ダノンビオは小分けの4個または6個セットで売られていて大容量パックがないので、長く続けるという点ではコスト面が気になったので、この順位となりました。

 

⇒ ダノンビオをアマゾンで楽に購入する♪

 

 

6位、チチヤス毎朝快調ヨーグルト

 

ビフィズス菌と乳酸菌を含むチチヤス毎朝快調ヨーグルトは、ほのかな甘みでさっぱりとしているので、おやつにもぴったりです。

 

ビフィズス菌も乳酸菌も配合されているので、整腸作用には期待が高まります。

 

 

7位、フジッコ カスピ海ヨーグルト

 

クレモリスFC株という乳酸菌を配合したカスピ海ヨーグルトは、とにかくとろりとまろやかで、ねばりが強いことが特徴のヨーグルト。

 

私は濃厚でとろりとしたヨーグルトが好きなので、味や食感では文句なしの1位ですね。

 

ただ、カスピ海ヨーグルトの食感は好みが分かれるところなので、この順位にしました。

 

 

8位、小岩井生乳100%ヨーグルト

 

三角形のパッケージが特徴的な小岩井生乳100%ヨーグルト。

 

生きたまま届くビフィズス菌を配合しています。

 

生乳100%で作られているので、コクのある味で美味しいです!

 

プレーン味でもすっぱくないので、食べやすいですよ。

 

 

9位、ヤクルト ソフール

出典:http://www.yakult.co.jp/

なめらかでほどよい甘さのソフールは、ヤクルト独自の乳酸菌シロタ株を配合。

 

良い菌を増やし、悪い菌を減らす効果が期待できます。

 

スーパーでも売られていますが、ヤクルトレディからの宅配でも買うことができますよ。

 

 

10位、グリコ ヨーグルト健康

 

誰もが一度は見たことのある、男の子のイラストが描かれたヨーグルト。

 

プロバイオティクス乳酸菌を配合しています。

 

甘みはきび砂糖によるものなので、やさしい甘さが特徴です。

 

 

ヨーグルトならどれでもいいの?選び方や食べ方は?

ランキングだけでも10種類のヨーグルトがあるわけですが、他にもヨーグルトはたくさんあります。

 

ヨーグルトの選び方や効果的な食べ方について見ていきましょう。

 

 

自分に合う乳酸菌を見つけよう

ヨーグルトがなぜ腸内環境を整えるために良いのかというと、乳酸菌が含まれているから。

 

しかし、乳酸菌にはたくさんの種類があり、人によって合うものと合わないものがあります。

 

 

口コミで「便秘に効くよ!」とたくさんの人が言っていても、それが自分にも合うとは限らないのです。
こればかりは、まずは食べてみるしかありません。

 

 

「腸まで届く」ことは重要ですが、自分にとっての「腸内環境を整えるために良い菌」は、実際に食べて見極めましょう。

2週間を目安に食べ続けてみて、まったく変化がなければ別のヨーグルトを試してみてください。

 

 

ヨーグルトは毎日食べよう

腸内環境を整える目的でヨーグルトを食べるのなら、食後に食べるのがおすすめ。

 

とはいえ、食後にこだわってしまい、食べることそのものがストレスになっては元も子もありません。

 

 

あくまでも「できるだけ食後に食べよう」くらいの軽い気持ちでとらえておきましょう。
いつ食べるかよりも、むしろ毎日食べることの方が大切です。

 

ヨーグルトから摂取した乳酸菌は留めておくことができませんから、毎日食べることを心がけましょう。

 

 

ヨーグルトのおすすめの食べ方

ヨーグルトはそのまま食べられる手軽さが魅力ではありますが、続けるうちにだんだんと飽きてしまうことも。

 

そんなときはオリゴ糖やハチミツをかけて甘みを足してみたり、シリアルやフルーツと合わせて食べてみましょう。

 

私は朝ごはんに、フルーツグラノーラにプレーンヨーグルトをかけて食べるのが好きです♪

 

 

まとめ

腸内環境を整えるヨーグルトランキング、そしてヨーグルトの選び方や食べ方について紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ヨーグルトはたくさん種類がありますが、どのヨーグルトが自分に合うかは分かりません。

 

まずは2週間、続けてみましょう。
すぐに効果が出なくても、続けていくうちに腸内環境が整ってくることもあります。

 

効果の出方には個人差があることを忘れず、美味しいヨーグルトで健康になりましょう!

 

 

そうはいっても、
毎日忙しいとヨーグルトを毎日食べるのは大変ですよね。

 

私もそうです。消費期限とか洗い物などめんどくさい・・・(ズボラなんです)

 

でも、毎日簡単に乳酸菌をとれる方法を私は見つけました。(ヨーグルトの10倍とか)
⇒ 腸内環境を整える方法で一番簡単なのは乳酸菌サプリ!